2007年09月11日

たまきひろしのCity Celectionインタビュー



たまきひろしさんのCity Celectionでのインタビューのないようです。
「物欲がすごくって、少し前までは電器製品にハマッてました。電器店には夢が詰まっているんです(笑)。
最近は家具が気になっていて、いろんな店をよくのぞきますね」引用:City Celectionでのインタビュー
という発言がありました。

家具がきになるというたまきひろしさん。かっこいいので、家具を選ぶセンスもいいんだろぉなぁ・・・。

今回のCity Celectionのインタビューでは、たまきひろしさんが出演する映画「変身」について語ってくれました。

たまきひろしが演じた役は、純一という役です。この役は役者としての演技が試される映画だと思います。かなり実力のある役者でも難易度が高いと思います。

純一は、脳を移植して、その脳の持ちぬしは、強盗犯・・・。
その強盗犯の人格にどんどん侵食されていく役なんです。

でも、最後には、2人の人格のジレンマに苦しんで自殺してしまう役なんです。
唯一よかったことといえば、純一の感覚で、恵を好きな気持ちで亡くなったこと・・・。

玉木さんは、インタビューの中で、命がけの恋愛は理想だけど、まだ自信がないけど、いちずでいたいなんていっていました。

玉木ひろしさんの本音もきけたインタビューでした。

こんな大役をつとめたんだから、俳優としても、玉木さんは大きく成長できたんじゃないでしょうか?
また、玉木さんの演技のすごさにびっくりされたんではないでしょうか?

ふだんのイメージとかけ離れた今回の純一役期待です。
posted by たまきひろし at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | たまきひろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52302190

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。